トップ

薄毛解消のため見直す点

なぜ薄毛になるのか

薄毛の原因は食生活かも

薄毛の原因は、男性ホルモンや遺伝、ストレスなど様々あります。実は食生活も大きな要因であることも。頭皮も体の一部と考えれば、偏食により栄養が不足することにより、当然頭皮にも影響が出てきます。バランスの良い食事を摂ることはもちろん大切ですが、実は食べ方にも注意が必要。意外ですが、夜寝る前に食べるのは薄毛の原因になることも。お腹に食べ物が入った状態で睡眠すると、消化を促す為に血液が胃に集中します。それにより、頭皮までうまく血流が回らず、毛髪の成長に必要なホルモンが分泌されないということに。就寝前の食事は肥満になるリスクもあるので、頭皮を守る為にも食事の内容とともに、食事を取る時間も見直す必要があるかもしれません。

原因は食生活にもあります

親の頭髪が薄いと、自分もいずれそうなるかも、と不安になるものです。確かに薄毛は遺伝ではないと言い切ることはできませんが、それ以上に原因となるのが食生活の乱れです。私達人間の体は60兆個の細胞からできていますが、その細胞は食べた物から作られるのです。つまり、人間の体に起きる事は、食べた物によって発生していると言えるのです。油分を多く摂取していると毛穴を詰まらせ、生えてくる毛を細くしてしまい、最終的に毛根が活力を失い薄毛の原因になります。飲み会への参加や、日々のストレス等でついつい脂っこい物を食べたくなってしまうものですが、数年後の自分のために少し控える方が良いでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 薄毛解消のため見直す点. All rights reserved.